fitnessmatometop
Apple Watchの発売日となり、対応アプリが続々と登場してきています。

数が多いため、管理人の好みでジャンル分けしてまとめることにしました。ここでは「フィットネス」系のサードパーティ製アプリを取りあげ、それぞれどんな機能が追加されているのか簡単にご紹介します。

Apple Watch標準アプリで手軽にエクササイズしたい方は、「アクティビティ」や「ワークアウト」などもおすすめです。

また、運動中は汚れや汗に強いスポーツバンドへの交換をおすすめします。

バンドの交換方法
スポンサードリンク

7 分間エクササイズ - 7 Minute Workout Challenge

7min01
「ニューヨークタイムズ」や論文誌「ACSM」でも取りあげられたことのある「7分間運動」を学んで実践できるアプリ。10秒の休憩を挟みながら、12種類の運動を30秒ずつ行うというエクササイズで、たったそれだけで「1時間以上の運動量に匹敵する効果が得られます」といいます。科学的にも証明済みとのことです。

iPhone版ではビデオと音声ナビ(日本語対応)でやり方を学べます。7分で終わるものの、けっこうハードなエクササイズなので、きちんとこなせるまで何度も挑戦する必要があるでしょう。

7min02
Apple Watch版ではエクササイズの開始、一時停止、再開などが行え、開始とともにiPhoneから音声ナビが流れます。iPhone版の音声ナビを聞きながら、Apple Watchでフォームを確認、7分間運動が終わったらApple Watchで停止——という使い方になるでしょう。短時間ですし、けっこうハードなので効果はあると思います。ただ、Apple Watchアプリで、途中停止できないのが不便(バージョン 1.5)。


Runtastic Six Pack 腹筋を割る筋トレでお腹痩せ運動

6pack01
CGのお手本と音声ナビに従い、腹筋運動を行えるアプリ。無料の1日目のメニューでは「テーブルトップクランチ+ツイスト」「ヒップドロップス」「クランチ」という基本的な腹筋運動を8回3セットずつ行えます。CGを真似して正しいフォームでやると、かなりきついです。

6pack02
Apple Watchではワークアウトの開始や停止、終了などの操作が行えます。画面にCGも表示されるので、フォームを忘れたらチラ見して確認できるのは便利です。また、Apple Watchでワークアウトを開始すると、音声ナビがiPhoneから流れるため、フォームを覚えたらそれに合わせて行ってもよいでしょう。


Nike+Running

nike
Apple Watchでは、走行距離、時間、ペース、またFacebookの友だちの声援などを表示してくれます。非常に多機能で安定しているナンバーワンランニングアプリといいたいほどです。音楽はiPhone本体から流れるため、イヤホンを使っていればOK。Apple Watchからは音楽のコントロールも可能です。 (バージョン 4.7.4)

当ブログによるレビュー記事はこちら


Runkeepr

runkeepr2
Apple Watchアプリでワークアウトの開始・停止、ログの保存が可能です。運動中は経過時間・距離・平均ペースがWatchアプリで確認できます。ランニング、サイクリング、ウォーキング、ハイキングなど多彩なワークアウトを選べるのが特徴です。現バージョンではグランスには非対応。開始時にはiPhoneアプリでワークアウトの種類を選択しておく必要があります。
(バージョン 5.5)



Strava

strava
iPhoneアプリと連動して、ランニングとサイクリングの距離・時間・平均ペースをApple Watchアプリに表示してくれます。グランスにも対応。使用時はまず、iPhoneアプリを起動しておく必要があり、Apple Watchアプリでいきなりスタートしても同期されず、やり直しになるので注意してください。また、有料会員限定で「スター区間に入るとアラートで通知、終了すると結果の概要を表示する」という機能もあるとのこと。
(バージョン 4.4.3)



Cyclemeter

cycle2
非常に多機能なサイクリング記録アプリ。Apple Watchからできることがかなり多いのですが、年600円の有料会員でなければ利用できません。ただし、記録できるデータがとんでもなく豊富。自分の自転車を登録した上で非常に詳細なログが取れるので、自転車通勤している人にはすごく使えるアプリだと思います。

cycle
基本的にiPhoneアプリと同期しながら表示するので多少の遅延はありますが、信号待ちなどで止まっている間に同期されます。

とにかくサイクリング系アプリでは「最強」・・・だと思われます。実際に使ってみた様子は下記の記事をご覧ください。

当ブログによる体験レポートはこちら




Argus

argus
歩いた数、ランニングのタイムや距離の計測、心拍数の記録など、運動と健康管理を総合的にサポートするアプリ。表示はすべて英語ですが、おそらくフィットネスアプリの中で最多のワークアウトに対応しています。ランニングやサイクリングをはじめ、テニス、バドミントン、空手に柔術と何でもあり。Apple Watchではワークアウト中の速度や距離、心拍数を確認しながら、手元の操作で停止や一時停止、再開などが行えます。


SilentLog

silent00
iPhone 5s以降のモーションコプロセッサや位置情報サービスを利用して、ユーザーの行動ログを詳細に撮れるアプリ。その日、どこに何時間滞在し、移動時間はどれくらいか、交通手段は徒歩か乗り物か……ということが、すべて自動で記録されていくのが面白いです。ユーザーの移動過程はすべてマップ上に記録されていて、地図で確認することもでき、その日にiPhoneで撮った写真まで見ることができます。要するにライフログアプリで、日記代わりに使えるというもの。同種のアプリに「Moves」というアプリがありますが、最近は更新していないようなので、使うとしたらApple Watchにも対応しているこちらがオススメです。

silent
現状Apple Watch版では、その日の合計歩数、時間帯ごとの滞在・移動が時系列に確認でき、iPhone版ほど詳細なデータを見られるわけではありません。



スポンサードリンク

★他のジャンル
使用頻度の高いApple Watchおすすめアプリ10選
Apple Watch対応「仕事効率化」アプリまとめ
Apple Watch対応「便利ツール」系アプリまとめ
AppleWatch対応「SNS」系アプリまとめ
Apple Watch対応「ニュース」系アプリまとめ
Apple Watch対応「スポーツ」系アプリまとめ
Apple Watch対応「レファレンス」系アプリまとめ
Apple Watch対応「旅行・地図・ナビ」系アプリまとめ
Apple Watch対応「気象・防災・カレンダー」アプリまとめ
Apple Watch対応「ゲーム」系アプリまとめ
Apple Watch対応「写真・音楽・お絵描き」系アプリまとめ